お母さんが悪いわけ? 5

このお母さんは とても 真面目で 一生懸命なのだと思います。

 

頑張って いっぱい いっぱいなのだろうと 感じました。

 

自分の おなかを 痛めた子供であるから かわいくないわけが ありません。

 

でも 根本的に 子供が 好きなタイプでは ないのだろうと 感じました。

 

子育てと 学校教育で 最も 必要なこと 

 

というか 

 

子供と 上手くいく親(先生)と そうでない親(先生)の 

 

一番の違いは

 

「 子供が 好きか そうでないか 」です。

 

口では 好きだと いくらでも 言えます。

 

しかし 子供は 理屈ではなく 

 

その親(先生)が 自分達を

 

根本的に 好きなのかどうかを 見抜いてしまうのです。

 

子供を好きな 親(先生)は 子供が 自分達の思い通りに

 

行動しない時 まず 子供達の 話を聞いて あげられます。

 

親(先生)の中には そういった 親(先生)を

 

子供に 迎合しているだけと 批判する人もいます。

 

だいたい そういう人は 子供に 嫌われています。

 

しかし 子供だって バカでは ありません。

 

おだててばかりいる 親(先生)も

 

子供は 見抜いて 信用しません。

 

彼らの言う 子供に 迎合しているだけの大人は

 

結局 子供と 上手く やっていけないのです。

 

また こういう 批判ばかりする 親(先生)は 

 

自分達を やたら 正当化します。

 

「 正しいことを これだけ 言っているのに 分かってくれない。

 

それは 聞く方に 素直さが 欠けているからだ 」

 

と 理解しない 子供達を 責めます。

 

こういう人達は その時 現象として起っている 善悪だけで

 

子供を 判断します。

 

そして 子供に ことの善悪 道理を 話します。

 

その善悪・道理は そこだけ 聞いていれば 正しいのです。

 

でも それだけでは 子供は 成長しません。

 

子供を 正確に 見ていないからです。

 

僕は 前回のブログで 過去の 行動について あれこれと

 

考えるのは 時間のムダだと 気づいたと書きました。

 

それは もう いくら 悩んでも

 

過ぎ去ってしまったことで

 

どうしようもないことだからです。

 

学ぶことがあれば そこだけ 注意し

 

次に生かせば よいのであって 

 

悩む必要はないのです。

 

しかし 今 起っている現象については

 

その背景を 注意深く見る 必要があります。

 

中巻②で 紹介する 気づきの1つ

 

『 その人の 本当の姿は 全体を 見なければ 見えてこない 』

 

が また ここでも 生きてきます。

 

この子が なぜ 

 

「 宇宙人がいた 」

 

「 おなかが痛い 」

 

と ウソをつくのか?

 

突然 鼻歌を 歌うのか? 

 

それは 自分の話を聞いて 欲しいからです。

 

ウルトラマンの話を いろいろして

 

ウルトラマンや 怪獣について

 

知っていることを 自慢したいからです。

 

一緒に 楽しんで 欲しいからです。

 

だから 叱られようと 

 

何度も 挑戦しているのです。

 

しかし このままだと そのうち 彼は

 

それすら しなくなってしまいます。

 

そうなってしまったら  

 

彼の信頼を 取り戻すことは

 

とても 困難になってしまうと 感じます。

 

だいたいが 子供は 親が思っている以上に

 

親に恩義を 感じているのです。

 

親がいないと どれだけ 困るかを 知っています。

 

親に 期待をかけられ 

 

それに こたえられないことが起ると

 

子供の心には 「 自分が悪い 」という

 

罪悪感が 生れてきます。

 

たとえ 親が そう思っていなくても 

 

親を 好きであるがゆえ

 

期待に こたえられなかった自分が

 

許せないのです。

 

お母さんの言葉は

 

この罪悪感を より大きなものにしていき

 

子供から 自信を奪います。

 

元気と素直さがない子供に なっていきます。

 

-続く-